days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

日記

暮らしを整えて、気持ちを整える

むかし好きだったことは、 ずっと好きだと思う 淡々と暮らしながらも、 好きだったことへの衝動がたまにやってくる それは突然やってくるものではなく、 日々の小さないろいろがいつの間にか積み重なって、 それがある日、何かをきっかけに弾けるんだと思う …

どこにいても、大切な場所はたくさんある

矢野さんの曲が好きで、その中でも特別な曲 わたしが ここにいたことさえも 色褪せるでしょう かなしいけれど 忘れない 忘れない この家 この街 忘れない 忘れない あの目を あの手を あの日を (「また会おね」 作詞 / 矢野顕子 ) 今まで、住む場所を転々…

今朝の出来事

来月、アメリカへ行く そろそろ準備をはじめようか アメリカは、高校2年の夏休みにホームステイをして以来 ・・・26年ぶり! あのフレンドリーな人たちは、今ごろどうしているだろうか ほんの2、3週間一緒に過ごした家族だけれど、今でもたまに思い出す…

ないものが欲しい、気持ちと向き合う

家の中で、毎日毎日家事をしていると、 小さな箱の中にいるように感じるときがある 何にも持たず、根なし草のようだったころを思い出す そのころは、 自分が安心していられる箱を求めていたなぁ。。 けれど、そのころだって、 周りのいろんな人に助けてもら…

クローゼットは、内面を映す鏡かもしれない

暮らしの基本、衣・食・住 どれにも偏らず、バランスよく暮らしたい ずっと思っていたことですが、 子どもが生まれてしばらくは、 毎日、初めてのことだらけで、てんてこまい。。 住む環境と、食べものを整えることだけで、頭の中がいっぱいで、 それ以外に…

『 好きなことだけで生きる 』・・・ 幸せに必要なものは、たった4つ

昨日、買った本 好きなことだけで生きる フランス人の後悔しない年齢の重ね方 [ ドラ・トーザン ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 人文・地歴・哲学・社会 > 心理学 > 生き方・人生論ショップ: 楽天ブックス価格: 1,512円 その帯には・・ 幸せに必要なものは…

クローゼットにも、ときめきを。。

今の季節の、ワードローブです www.hondayon.com そして、日々の服 www.hondayon.com ずらっと眺めてみると、 毎日リラックス、リラックス、リラックス。。 ちょっとリラックスしすぎよ、 と知らない誰かの声が聞こえてくる たしかに、今のワードローブは、 …

クローゼットを眺めて、思うこと

クローゼットの服を眺めると、 ふと、物足りなさを感じる むかし聴いていた音楽を聴いていたら、 きゅうに気持ちが若くなって いつもの服がとても地味に思えてくる なんかもっとこう、ハツラツと、 それでいて、もうちょっと潤った感じはないものか そんなこ…

欲望の中に、光るものを見つける

きれいなものを眺めていると、心地いい ずっと眺めていたいと思う 自分がただの目になって、 体のどこからか、しあわせホルモンが出ているような気がする けれど、眺めているうちに、 どうしても手に入れたいという、欲望が湧いてくることがある きれいだな…

掃除で、もんもんとした気持ちを整える

答えの出ないことを考えて続けていると ますます気持ちがこんがらがる 一人になった月曜日 家のあちこちをちょっとずつ掃除する 手を動かせば、ちゃんと結果が出る そのことのすがすがしさ もやもやする時は、 いつもより念入りに掃除をする あとは、料理に…

実家で過ごす時間の、小さないろいろ

実家の夜 今年、初めての花火 近所のお店をまわって、ようやく見つけた花火セット 娘も従姉妹たちも、一年ぶりの花火に大よろこび ・ ・ いつもの散歩道 春の桜は、緑のトンネルになりました 途中、見つけたかわいいお店 エアプランツでできたトトロが出迎え…

モノを減らす、いちばんの理由

クローゼット、冷蔵庫、引き出しの中・・・ たくさんのものを持ちすぎず、詰め込みすぎず、 自分の暮らしにフィットするもの 気持ちを穏やかにしたり、高めてくれるもの そんなものに囲まれて生活すると 自分がどういう人間なのか、 自然とわかりやすくなる …

今日の朝と、今日の服

昨日は、ストレッチをして早めに寝て 今朝は、いつもより早めに起きました 朝の家事を淡々として、みんなを送り出したあと 一人で、朝ごはん 庭のベリーが日に日に色づいて、 鳥も朝ごはんを食べにやって来る 可愛い顔をして、やんちゃなムクドリ キィキィ鳴…

朝、ぼんやりしながら思うこと

昨日のホームセンターからの帰り道。 東山茶屋街から兼六園まで、 たくさんの観光客であふれていて、 それを車の助手席から、ぼんやり眺める。 同じような背格好で、同じような服装をした二人組。 友だち同士のような後ろ姿は、よく見ると母娘のようで、 そ…

服と食を、観察する。

東京に住んでいたころ、 都会の真ん中のオーガニックスーパーで アルバイトをしていました。 一緒に働いていた人たちは、 食に関心やこだわりがある方が多く、 たのしい職場でした。 おしゃれなお店が多い土地柄、 お客さんもおしゃれな方が多く いろんな方…

曇りの朝、今日は休日。さてどうしようか。。

朝から雨。 YouYubeで、 しっとりといい曲に出会ったので それを聴きながら、ぼぉーと過ごす。 CDショップへ行く、ということがなくなって 小さな欲求は、家の中だけで満たされる。 モノを探しに街へ出る、ということがなくなると とたんに行く場所が減って…

雑貨のかわりに、かざる花。

ずっと雑貨が好きだった。 中でも、スタイリストの岡尾さんの選ぶものが好きで、 なんでもないものの愛らしさや、すがすがしさ、 ちょっととぼけているような感じも、 好きでした。 雑誌で見たものと同じものを、 東京まで買い行っては、 部屋にかざったり、…

ハンモックで、映画を。

パターソンという映画を観る。 パターソン(字幕版) 発売日: 2018/03/07 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログ (3件) を見る 日常は、細やかな出来事でできていて、 たいがいのことは忘れてしまう。 天気、空気、自分、相手、食べたもの、 いろんな…

ぼくが、目になろう! 小さなかしこい魚のはなし。

子どものころ、教科書で読んだスイミーを もう一度読んでみる。 スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし 作者: レオ・レオニ,谷川俊太郎 出版社/メーカー: 好学社 発売日: 1969/04/01 メディア: ハードカバー 購入: 8人 クリック: 62回 この商品を含むブロ…

小さな庭のリセット力。

庭に出て、ふと気づけば、 芽は伸び、葉は茂り、花が咲いている。 ただただ静かに耐えていた冬を思うと、 この時期の庭の変化は、目まぐるしい。 この何日かで咲き出した、コデマリ。 オオデマリも、葉の間でひっそりと。 日陰で青々と茂る、ホスタ と カシ…

リセット力を、身につける。

朝、ねぼすけの娘を起こして、学校に送り出す。 玄関を掃除して、花に水をあげる。 花瓶の水をかえる。 食器を片付ける。 布団をあげる。 洗濯する。 掃除する。 それらを、ほぼ毎朝繰り返す。 そうしてハウスをキープする。 毎日、家をリセットする。 毎日…

夫婦、50・50。

結婚して、8年半ほど。 子どもを持って、家を建てた。 子どものころ思い描いた、 絵の中にいるようにも思う。 けれども、蓋を開ければ、現実はそうでもなく。 (というか、そこまでの想像はしていなかったな。。) 日々感じるのは、 夫とは 意見のあった た…

物欲がなくなっても、欲望はつきない。

地の果てまで探しに行かなくても、 手の届くところに、 美味しいものや楽しいことがたくさんある。 それはしあわせなことだと思う。 さらに、ナマケモノみたいに、 手を伸ばせば届く葉っぱを主食にして、 それをおいしいおいしいと食べれば、何も困らない。 …

大好きな人と、会ったとき。

すっかり、お化粧しない生活です。 顔を洗って、保湿して、アイブロー。 ちょっと元気が欲しいときは、ビューラーをする。 なので、ビフォーアフターはあまり変わりません。 お金もあまりかかりません。 大好きな人に思いがけず会うときだって、 眉とまつ毛…

自己完結は、たのしくない。

東京で一人暮らしをしていたとき、 毎日3食、自炊していました。 料理が好きだったのと、 節約のためだったのと、 材料を使いきりたい、 ということがあったですが、 何ヶ月も続くと、どうも楽しくない。 いったいこれは美味しいのか 美味しくないのか、 そ…

なくなったら、買う。

夕ごはんの献立は、だいたい ごはん、おみそ汁に、 おかずを2〜3品、つくります。 冷蔵庫や野菜かごを覗いてみて、 これは難しいな、という時に買いものに出ます。 買いものに出ると、 2〜3日で食べきれそうな分だけ買うようにしているので、 冷蔵庫がぎ…

削いでいったものと、残ったもの。

去年の今ごろは、 もしかしたら人生でいちばん楽しかったんじゃないかと思う。 夫が仕事をやめ、娘も保育園をやめ、 私もなんとなく探していた仕事を求めることをやめ、 3人が3人とも、自由で宙ぶらりんだった。 収入源は絶たれ、所属もない。 今までそん…

台所仕事は、できるだけ家族の手を借りる。

先日、 “ 愛と家事 ” の読書会で、 なんとなく、家事は面倒なもの、 結婚すると女の人の仕事になりがちなのはおかしい、 とそんな方向へと話が進みました。 そんな空気の中、一石を投じたくなり、 家事がしたくて、結婚しようと思いました! と激白(?)し…

言葉にならない、もどかしさ。

いろんな気持ちを言葉にして、ブログに書く。 書いている間に思っていなかった方へ向かっていく。 そんなことがよくある。 もやもやとしたものが、 一つの糸口からどんどんほどけていったり、 気になっていた点と点が結びついていったり。 思考ってとらえど…

読書会にて。日常を抜け出して、気持ちを解放する。

昨日、読書会に参加しました。 会場は石引大通りにある、“ 石引パブリック ”。 参加者は11人で、 そのうち4人の方は知り合いでした。 (金沢だと、よくあることですが。。) 簡単な自己紹介をした後、順番に本の感想を。。 愛と家事 作者: 太田明日香 出…

スポンサーリンク