days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

子どもだった自分は、本当にほしいものを知っていた。

 

結婚する前から、子どもが生まれてしばらく

絵を描く仕事をしていました。

 

家で、コツコツできる仕事。

10年ほど続けて、いちばん長続きしたので

仕事としては合っていたのかもしれません。

 

けれど、仕事で絵を描くようになってから、

「 絵を描くこと = 仕事 」になってしまい

仕事以外で描くことは全くなくなりました。

 

美術館やギャラリーで絵を見るときも、

絵を楽しむというより、勉強しているという感じで

ものすごく疲れてしまうように。。

 

そして、子どもが生まれて、育児と家事でめいいいっぱいになり

「もう続けられない・・」と

イラストレーターをやめる決心をしました。

 

だんだんつらくなってやめたかった仕事でも、

やめると決めるのには、葛藤がありました。

 

とくに取り柄がなかった自分に、

一生懸命絵を描くという機会があることは

とても大事なことに思えていました。

 

自分にできることが、なくなってしまう。。

という不安がどこかにありました。

 

けれど、もうやめる!と決めて、

何にもなくなったときに感じたのは、

さみしさよりも開放感でした。

 

毎日、家を整えたり、ごはんをつくったり、庭仕事をしたり。

誰かから評価されることなく、ただ生活をする。

それがとても心地よくて、

夫にも娘にもちょっとずつ余裕が持てるようになりました。

 ( それまでは、自分の中が自分でいっぱいだったと思う )

 

そして、子どもの頃の自分の夢がふっと浮かんできました。

「 小さな家で、本を読んだり、絵を描いたり、花を育てたりして、

のんびり暮らしたいなぁ。。」と思っていたこと。

そして、それが今ほとんど叶っていたこと。

子どもだった自分は、自分の本当にほしいものを知っていたんだ。

それに気づいて、一人で感動しました。

 

私は、こうして暮らしていこう。

そうしたら、ある日きゅうに絵を描きたくなり、

それから空いた時間に、ときどき描くようになりました。

好きなときに、好きなものを描くたのしさ。

もう一度、絵に会えたような気持ち。

 

f:id:yonhonda:20171110081351j:plain

 

f:id:yonhonda:20171110081407j:plain

 

今描きたいと思いうのは、娘や家族の絵ばかりです。

こうして家に飾るのが、ちょうどいいなと感じてます。 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございます。

クリック応援いつもありがとうございます。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)へ
主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

スポンサーリンク