days

金沢の街中の小さな家で、毎日をたのしく、気持ちよく。

ただいま、乱読中。

 

雨ふりの日曜日。

 

昨日はおそくまで、図書館の本を読んで 

今日も家にあった読みかけの本を乱読しています。

 

f:id:yonhonda:20180121190045j:plain

 

自分が読みたいと思って買った本はどこかつながっているようで

代わる代わる読んでいても、どこかが重なってくる気がします。

 

窓の外をうらめしく思いながら読む本は、どれも外へ外へと言っているようで、

ますますうずうずしてきます。

 

『 ウォークス 歩くことの精神史 』 は、

身近な “歩く” という行為を、いろんな角度から見つめた本で、

ワクワクしながら読んでいます。

そして読み進めるうち、

ふらっと散歩するという行為は(とくに女性や子どもの場合)

歴史的、世界的にみると、それほど普通のことではなく

宗教や治安の問題などで、許されないという背景もあることに気づかされます。

 

とくに目的もなく、街をふらふらする。

たしかにフーテンの寅さんのように、いつでもどこへでもというわけにはいきませんが

ちょっとした晴れ間と時間があれば、やっぱりどこかへ行きたくなります。

 

そしてまた、晴れの日が待ち遠しい。。

 

このところ、冬ごもりで持て余しつつあるエネルギー。

それをどこに向けようか、本を読みつつ考えています。