days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

『 旅の終わりに 』を読みながら。。

 

夕飯の準備が終わって、娘はコタツでグーグー。

夫の帰りを待ちながら、一人で読書。

 

f:id:yonhonda:20180125182230j:plain


病を抱えた老夫婦のロード小説です。

 

今、ちょうど100ページを読んだところ。。

 

なぜわざわざ旅行を?

答えは一つしかない気がする。

旅に出るのは、家のありがたみ、すばらしさを、忘れないため。

生活していれば、日々同じことの繰り返しになる。

でも、同じ、というのは、ひとつの罠でもあるのよね。

こだわりすぎると、ほかが見えなくなる。 

最高の一瞬に気づかなかったり、そこにすら、たどり着けなかったり。

だから、旅に出る必要があるのよ。 (途中、中略)

 

自分の家をジオラマのように、上から俯瞰して見ると

部屋はほどほどにあったかくて、食べるものもある。

となりで娘がグーグー寝ている。

 

私は家で一人、家事をしたり、のんびりする時間が大好きだけれど、

それは「ただいま」と帰ってくる人がいるからだなぁと思う。

帰ってきた夫には、ついぶっきらぼうに「おつかれ〜」と言いながら、

のっそりコタツから出るだけなのだけれど。

 

旅に出るのも、「ただいま」と帰る場所があるから。

 

本を読みながら、そんなことを考えるこの静かな時間が、

私の今日の最高の一瞬かもしれないなぁ。。

 

 

この本が原作となった『ロング・ロングバケーション』。

こちらも、おもしろそうです。

 

 

 。。と、ゆっくりしたところで、そろそろ夫の帰る時間です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク