days

金沢の街中の小さな家で、毎日をたのしく、気持ちよく。

淡々とした買い物と、ワクワクする時間

 

娘の長靴のかかとに穴が空いてしまい、

新しい長靴を買いました。

 

シンプルで、丈夫で、履きやすく、できれば日本製。

欲しい長靴の条件を決め、ネットで1時間ほど探し、

アマゾンで注文すると、20時間後くらいに家に届きました。

 

f:id:yonhonda:20180129111127j:plain

 

こんなに早く届いて、返品も無料でOKな世の中が来るとは

ちょっと前は考えられなかったけれど、

出不精で、優柔不断な私には、とてもありがたい。

 

娘と一緒にお店へ行くとお互い目移りしてしまって、

一つのものを買うのにとてもエネルギーを使い

今晩のおかずはなんか買って帰ろうか〜となりがちなのですが、

人をあまり介さないぶん、とても淡々と必要なものが買える。

 

f:id:yonhonda:20180129112343j:plain

 

裏底もしっかりしていて、これなら穴も空きにくそうです。

 

ふだんあまりモノを買わないせいか、

娘は新しい長靴がとてもうれしかったようで、

しばらく鏡の前でファッションショーでした^^

 

・ ・ ・

 

最近、私が近所のお店に行って買うのは、食材や日用品、

たまに花と本とオヤツを買うくらいで、

その他のものはほとんどネットで買っています。

ヘアカットも自宅でするようになったので、

近所にスーパーとちょっと大きめの本屋さんがあれば

私の生活はほぼ事足りるようになりました。

 

たまに街中で、イベントがあったりすると、

いそいそ出かけて、感じのいいお店で何か買うのは好きだけれど

それはモノそのものが欲しいというより、どちらかというと

そのお店の人の喜ぶ顔が見たいから、というところがある。

 (なので、ほとんどが手頃な食べものや飲みものです)

 

これってちょっとさびしいのかなぁと思いつつも、

やっぱりもう、あまりモノはいらない。

 

そうなると、必要なお金はそれほど多くない。

 

・ ・ ・

 

f:id:yonhonda:20180129115040j:plain

 

ひさしぶりに、吉本ばななさんの本を読む。

自身でされている有料メルマガが元なので、

おそらく出版社の意向などなく、思ったことがそのまま書かれている感じ。

 

すごくひさしぶりに会う友だちと、お互い変わらないな〜と思いながら

夜な夜なしゃべっているような親しみを感じます。

自分が日々もやっと感じることを、

この人はとてもはっきりきっぱりと感じる人のような気がして、

読んでいてスッキリする。

 

その場のムードに流されないで、

とりあえず返答したその返事に落ち着いてしまわないで、

自分はほんとうはいったいどう感じているの?

というのをいちいちしっかりわかりたい、と思う。

人一倍ムードに流されやすいからこそ、そう思う。

私からその「わかる」時間を奪えるものはなにもない。

国家だって神様だって、私に起こったできごとが

私の中にゆっくりと落ちてしみこんでいき、

ふんわりと発酵して姿を変えていく時間を奪えはしない。

それは生きていることの意味とほとんど同じものだからだ。

 

本の中に、ちょうどほしかった言葉がたくさん詰まっていて、

それにワクワクします。