days

金沢の街中の小さな家で、毎日をたのしく、気持ちよく。

鶏始乳

 

「鶏始乳」と書いて、

「にわとりはじめてとやにつく」と読む。

 

二十四節季を、さらに三つに分けた七十二候の最後、

鶏が春の気配を感じて卵を産み始める時期のことで、

1月30日から2月3日ころまでのことをいうそうです。

 

長く寒い日が続き、はやく春が来ないかなぁと

ただ家にこもってばかりいる日々ですが、

むかしの人たちは、今以上に近かった自然を、

目と鼻と口と耳と肌と、持っているすべての感覚を使って

日々のほんの少しの変化に、とても敏感に感じ取っていたんだろうなぁ。。

 

と、うっとりしながら、コタツの中でぬくぬく想像しています。。

 

うちの烏骨鶏ひふみたちも、外気の中、冬をじっと過ごし

このごろちょっとずつ動きも活発になってきました。

 

週に1個あるかないかだった卵も、この1週間は3個に増えました。

 

今朝は、2個。

 

f:id:yonhonda:20180201124704j:plain

 

彼女たち、最後の冬をがんばってます。

 

鶏は本当に、時を知らせてくれる生き物なんだなぁ。。

 

 

f:id:yonhonda:20180201124833j:plain

 

娘も、ひなたのあったかいところへ。

 

もうすぐ、春ですね。