days

金沢の街中の小さな家で、毎日をたのしく、気持ちよく。

抱えきれないほどのプレゼント。

 

「いちばんじゃなきゃ、ダメですか?」

という蓮舫さんの事業仕分けがありましたが、

 

生活費を見直して感じたのは、

やっぱり、いちばんじゃなきゃ!ということでした。

 

朝起きて、ごはんを食べて、遊んで、笑って、まったりして。

苦手だと思っていた雑事も、

毎日の掃除のように溜め込まずちょこちょこ済ませられれば、気持ちも軽い。

 

普通の日々の営みを大事にすることは、

そのまま自分を大事にすることだなぁと、日々感じます。

 

繰り返される普通の日々に、特別なものは必要なく、

ごはんとお味噌汁と、

シャツとジーンズとスニーカーと、

近所の公園と川沿いの散歩道と、

友だちとのおしゃべりと

離れた家族とのなんでもない会話と、

道ばたの小さな花や玄関先に活けられた花、

小鳥の鳴く声や子どもたちの笑い声、

生まれたての赤ちゃん、

近所の人たちとの挨拶やおすそ分け、

青く澄んだ空、木の葉が揺れる音。。

 

何もかもが自分にいちばんで、

なんでもない一日の中に

もう十分すぎるほどあふれていて、

なんと満たされていることか、とじんわり感動します。

 

こんなに感動屋だったっけ、というくらいに。

 

必要なものを買うお金は十分にあって、

お金で買えないものは、もうしっかり与えられている。

 

そんなことを今朝ひとり、思いました。 

 

 

お日さまは、うっすら。。

 

f:id:yonhonda:20180225081736j:plain

 

こんな空も、いとおしい。