days

金沢の街中の小さな家で、毎日をたのしく、気持ちよく。

のぞく女と、のぞかれる家族。

 

2年ほど前だったか、

家を飛び出したことがありました。

 

夫と何かで言い争い、

一世一代の “ 今!”とばかりに、玄関を飛び出しました。

 

争いの原因は何だったのか。。

 

すぐ忘れてしまうような些細なことだったのか、

解決しようもない、どうしようもないことだったのか。

 

どちらなのかも覚えていないけれど、

ともかく、そのときの私には、

家を飛び出すくらいの衝動が湧きおこっていました。

 

もう!やってられない!!

 

お財布と携帯電話だけ握りしめ、

バン!と玄関の扉を開け放ち、

近くの大通りまで走り出たところで、

後ろを振り返ると、そこには誰もおらず。。

 

なんか、テレビの見すぎだな。。

 

急に冷静になって我に返ったあと、

追いかけてこない夫に、また腹が立ってきました。

 

いったい何をしているんだ! 

 

ちょっと確かめてやろうと、忍び足で家に戻り、

敷地の塀を伝って、窓から中を覗いてみると・・

 

なんと!

平然とした顔で、

淡々と夕はんの準備をしている夫!

 

「おなか減ったねー。やっと食べれるねー」

なんて言いながら、娘と一緒に食器を並べている。

 

嵐が去った後のような、どこか平和なその光景。。

 

ムッとしながらも、

窓からしばらく眺めていると、

だんだん空の上から二人を眺めているような

妙な感覚になっていきました。

 

私のいない食卓に、立ちのぼる湯気。

私がいなくても、この二人はうまくやっている。。

 

怒りや衝動が、徐々におさまり

なんだか安心感のようなものが芽生えてきました。

 

ごはんが終わったころ、

「ママ、帰ってこないね」と言う娘に、

「たぶん、近くにいると思うよ」

と言う夫の言葉にドキッとしながらも、

片付けをする二人の後ろ姿を、息を殺してじっと見ていました。

 

私もだんだんお腹が減ってきて

二人がお風呂に入ったすきに

家に忍び込もうとしたところ、

娘に見つかり、

私の逃亡劇(?)はあっさりと幕を閉じました。

 

(娘は涙を流して喜び、私も申し訳なさで一緒に泣き、夫はわらっていた。。)

 

犬も食わない茶番劇、と言えばそれまでなのですが。。

今でもふと、あの光景を思い出す。

 

母目線なのか、妻目線なのか、空から目線なのか、

なんだかよく分かりませんが、

ただ、二人が仲良くやっている様子を見て

妙な安堵感があったのです。

 

私のいない2時間ほどの時間、

少しさびしそうにしながらも

娘も夫もちゃんと自分たちで生活して、私の帰りを待っている。

そんな様子をこっそり見れたことが、

なんだかうれしかったのかもなぁ。

 

(あとで夫に聞いたところ、近くにいるとは思っていたけれど、

 まさか自分たちが見られているとは思わなかったそうです。) 

 

 

・ ・  

 

 

こんな話を思い出したのは、

昨日の夜、一人で映画を観たからでした。

 

『アイ'ム ホーム 覗く男』という、2016年のアメリカ映画。

 

中年の男が

ある日、仕事と家族との生活をやめ、

向かいの納屋の窓から、残された家族を観察し始めるというお話。

いつしか家族と自分、さらには人間の考察へと続き。。

 

途中、コメディっぽくなったり、シリアスになったり、

さらには壮大なテーマにまでひろがって、

なんとも言えない不思議な映画でした。

 

 

その先は、ハッピーエンドかどうなのか。

ぜんぶ終わってみなければ、わからない。

 

 

 ・ ・ ・

 

 

今朝の空。

 

f:id:yonhonda:20180324064944j:plain

 

今日はひさしぶりに、晴れそうです。