days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

きょうだい間格差。。それは、子どもの頃からはじまっていました。

 

私は長女、その2つ下に妹、さらにその2つ下に弟がいる。

ちょうど2つずつ離れているので、

七五三、とめでたい数字になる。

 

 

f:id:yonhonda:20180405070356j:plain

上から、妹、母、私、弟

 

 

長女の私は昔から夢見がちで、(妄想癖とも言える)

絵本を読んだり、絵を描いたり、お人形で遊ぶのが好きだった。

 

次女の妹は、損得勘定が得意で、世渡り上手。

それでいて、弟思い。

誰とでもよく遊ぶので、

私の友だちともいつの間にか、私以上に仲良くなっていることが多かった。

そして、私に理不尽な思いをさせられたためか、弟にやさしかった。

 

末っ子の弟は、抜けていて、甘えん坊。

やっと生まれた男の子ということもあり、

祖父母や父から、とても可愛がられた。

こずるいが、どこか憎めない。

女きょうだいに囲まれ、ちょっとやさしいところもある。

 

・ ・ 

 

小学校4年生くらいのころ、妹から、

サンタクロースはお母さんだと教えられた。

信じていたサンタさんがいなかった悲しみとともに、

母と妹に対するなんとも言えない気持ちで、しばらくもやもやした。

 

妹は、そのことを親にも弟にも内緒だと言った。

親に言ったら、もうもらえなくなる。

弟に言ったら、信じているからかわいそうだと。

(あなたは姉さんだからかわいそうでない、という顔で)

 

弟は、プレゼントをもらえなかった友だちに、

いい子にしてれば、きっともらえるよ、と

クリスマスにもらったマリオをしながら、話していた。

 

・ ・ 

 

大人になって、

私はしばらく事務の仕事をしていたけれど、

どうにもなじめず、留学したり、イラストの学校へ通った。

その後結婚し、今は家事と子育てとブログの毎日。

自由時間が、なにより好き。

 

妹は、アメリカの大学に進学し、いろんな国の留学生と仲良くしながら

30歳近くまで学生生活を続けた。

そして、そのまま現地で就職。

結婚はせず、人事部長として働いている。 

 

弟は、父の会社を引き継ぎ、結婚して子どももいるが

今も両親のいちばん近くで暮らしている。

 

妹の収入は、私の世帯収入の、およそ2倍。

弟のところは、たぶん3倍くらいある。

こちらも、1・2・3ときれいに並ぶ。

 

私は、図工と音楽が好きだった。

妹は、英語が好きだった。

弟は、体育と部活だけに、やる気を見せた。

 

きょうだい3人、みんな好きなことして、

それでなんとかやっている。

そんな話をすると、母はしあわせそうな顔をする。

 

 

私の一人娘も、こんど小学生になる。

好きなことと、気の合う子が少し。

それらを見つけられればいいと思っている。

 

 

 ・ ・ ・

 

 

今日、妹が帰ってくる。

アメリカのおばさんが来る〜と言って

娘は朝からはしゃいでいます。

 

 

 

スポンサーリンク