days

金沢の街中の小さな家で、毎日をたのしく、気持ちよく。

アイウォンチューバックは、もうしない。

 

今週のお題「わたしの春うた」を見て、

春にして君を想う、という曲を思い出しました。

 

春は出会いの季節であると同時に、

別れの季節でもある。。

 

別れることの切なさは、その直後より、

しばらく時間がたってから、ふとやってきたりする。

そんなときは、ただ切なさに浸るしかない。

 

 

昨日の夜、薄暗い部屋で、

ジャクソンファイブの “ I want you back ” を聴いていたら、

急にそんな気持ちがこみ上げてきました。

 

当時の年齢で、この完成度。

そのことにさえ、ちょっと切なくなる。

 

踊り出したくなる音楽にのる、

なかなか切実な歌詞。

 

マイケルが熱唱するように

アイウォンチューバック!と叫びたくなることは

もうなくなったなぁ。。

 

過ぎ去った人は、

それぞれの場所で、

元気にしていてくれれば、それでいいと思う。

 

家族であろうと、

好きだった人であろうと、

大切だった人であろうと、

ずっと一緒にいることなんて、

なかなかむずかしいことだと思う。

気持ちだって、どんどん変化する。

 

おたがいの気持ちを大切にしたいなら、なおさらで

だからこそ、いっしょにいられる時間を大事にしたい。

 

ずっと一緒にとどまるよりも、

それぞれが行きたい場所へ行ければいい。

 

そうやって、いつか子どもが巣立っていくときも

気持ちよく見送りたい。

 

人生に、ワンモアチャンスなんて、ほとんどない。

方向転換するしかない。

 

人への執着心が減ったのは、

年齢のせいだけでなく

親になったこともあるのかもしれない。

それから、いろんなモノとお別れして

どんどん未練がなくなったこともあると思う。 

 

 

そういう日がやって来たときは、

さっぱりと笑顔で、見送れますように。

 

 

 ・ ・ ・

 

 

昨日のクリスマスローズは、キッチンに。

 

f:id:yonhonda:20180413082750j:plain

 

花言葉は、追憶 、慰め、私を忘れないで