days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

言葉にならない、もどかしさ。

 

いろんな気持ちを言葉にして、ブログに書く。

 

書いている間に思っていなかった方へ向かっていく。

そんなことがよくある。

 

もやもやとしたものが、

一つの糸口からどんどんほどけていったり、

気になっていた点と点が結びついていったり。

 

思考ってとらえどころがなくて、

言葉に置き代えるのはむずかしい。

 

言葉と気持ちの間には、何かしらのズレがあって、

言葉にすることは、形のないものを枠の中に入れることだと思う。

 

その枠をつくることで、

人にも伝えやすくなる。

 

言葉で整理することで、

頭の中も整理される。

 

けれど、そこからこぼれ落ちたもの。

表現しきれないもの。

 

それをもどかしく思う。

 

だからこそ、

絵だったり音楽だったり

言葉以外のものがあるんだろうけれど、

それでもギリギリのところで、

やっぱりちょっと別のものになっているような気がする。

 

今!と思った瞬間にカメラのシャッターをきると

ちょっとだけ遅かったりする。

そんなような感覚。

 

トトロに出てくる、まっくろくろすけみたいに、

つかんだ瞬間、手をひらくと消えているような。

 

つかめそうで、つかめない、そのもどかしさ。

そして、思ってもみなかったものが残ったときの、新鮮さ。

 

そういうものに、突き動かされる。

 

それが美しいものか醜いものかもわからない。

 

けれど、つかもうと手をのばしたい。

 

これはきっと生きている限りつづく。

 

好奇心のタネだと思う。

 

 

・ ・ ・

 

 

うちの小さな庭。

 

f:id:yonhonda:20180416090132j:plain

 

よく見ると、小さいものが、ポツポツと芽を出しています。 

 

しばらく、このまま様子見。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク