days

金沢の街中の小さな家で、毎日をたのしく、気持ちよく。

自己完結は、たのしくない。

 

東京で一人暮らしをしていたとき、

毎日3食、自炊していました。

 

料理が好きだったのと、

節約のためだったのと、

材料を使いきりたい、

ということがあったですが、

何ヶ月も続くと、どうも楽しくない。

 

いったいこれは美味しいのか

美味しくないのか、

それさえも、よくわからなくなってくる。

  

それで、仲良くなった人を家に呼んで

いつも作るようなものを一緒に食べてみる。

 

すると、いつもより、なんだかおいしい。

 

食べている時間に「たのしい」という要素が入ると、

「おいしい」気持ちが大きくなる。

 

一緒に食べている相手が「おいしい」と言うと

その言葉だったり、表情だったりが

自分の「おいしい」も作っている。

 

なんだろうか、これは。。 

 

 

・ ・

 

 

夫が作ってくれた、今日の朝ごはん。

 

f:id:yonhonda:20180422080423j:plain

 

くるみパントースト、ほうれん草と卵の炒め、

レタス、コーヒー、バナナ

 

おいしいものと、そうでもないものが混じっている。

思わず、60点!とか言ってしまう自分。。

 

夫の作るほうれん草炒めが

どうしておいしくないかについて、

夫婦で話し合う。

 

きっと私が作った方がおいしいという結論。。

 

そんなことを話しながらも、

人と食べるごはんは、

自己完結より、ずっとたのしい。

 

 

このブログも、たぶんそういうことなのかな。