days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

衣食住は、ゆるやかにつながっていると思う。

 

服など、身につけるものを整理しながら、

食べものと、住むところと、着るものと、

それらはなんとなくつながっているなぁ、と思いました。

 

ベーシックで、ナチュラルで、飽きのこないもの。

食べものでも、インテリアでも、ファッションでも

共通して、そういうものが好きです。

 

色なら、白や、明るい木肌のようなベージュ。

そして、それらになじみやすい、

グレー、ネイビー、ブラック。

衣も住も、ほぼこれらの色が中心です。

 

そして、ときどき気分転換でとりいれる、ちょっとしたもの。

たとえば、食なら、

週末にいつもと違うものを作ってみたり、

ちょっとした食材の合わせ方を変えてみたり。

 

インテリアだったら、季節の花や、クロス。

身につけるものなら、小物でちょっと雰囲気を変えてみたり。

 

ちょっとだけ気分を変えたいとき、

それらをおおらかに受け止める、白やベージュがやっぱり落ち着きます。

 

食器を片付けながら、

ステンレスのフォークと、

白木の皿、白い食器がならんでいるのを、ふと眺めて、

その色のコントラストが、きれいだなぁと思いました。

 

そして、着るものも、

やっぱりこの色の組み合わせが好きだなぁと気づきました。

 

人に言うほどの発見ではないのですが、

私にはちょっとした発見で、

部屋を見わたせば、全体的に同じようなトーンになっていて、

可笑しくなりました。

 

 

夜、デスクに置いた花瓶の影。

 

f:id:yonhonda:20180508083054j:plain

 

大好きな、白いシャツ。

 

f:id:yonhonda:20180508083133j:plain

 

 

暮らしのまわりの衣と住が、

うっすらとゆるやかにつながって、

気持ちをなだめてくれるように思います。

 

 

 

スポンサーリンク