days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

欲望の中に、光るものを見つける

 

きれいなものを眺めていると、心地いい

ずっと眺めていたいと思う

 

自分がただの目になって、

体のどこからか、しあわせホルモンが出ているような気がする

 

けれど、眺めているうちに、

どうしても手に入れたいという、欲望が湧いてくることがある

 

きれいだなぁと眺めているうちは、心穏やかで平和なのに

自分のものにしたいという執着心が生まれたとき、

焦燥感や嫉妬に変わって、心穏やかではいられない

 

思い切り手を伸ばせば、届くかもしれない

 

日々、繰り返しのような生活をしていると、

手に届くものだけで、十分暮らしていける

その中で自分の欲望を満たせれられればいいのに

それだけでは満足できない自分に、ふと気づく

 

そんな欲望が残っていた自分に、驚く

 

もう少しがんばれる、まだまだ先がある

そう思うと気持ちにハリが出てくる

今まで思ってもみなかったいろんなことに

挑戦してみようかとも思う

 

自分の欲望を、ひたすら見つめる

 

その先にあるのは

そのものに対する執着ではなく、

たぶん新しい自分自身なのだと思う

 

この人生は、一度きりで

新しい自分に出会いたいという欲望は、

きっと、生きているかぎり続く

 

 

f:id:yonhonda:20180612084417j:plain

 

 

いのち短し 恋せよ乙女

 

 

 

 

 

スポンサーリンク