days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

どこにいても、大切な場所はたくさんある

 

 

矢野さんの曲が好きで、その中でも特別な曲

  

わたしが ここにいたことさえも

色褪せるでしょう かなしいけれど 

忘れない 忘れない この家 この街

忘れない 忘れない 

あの目を あの手を あの日を

                                                                         (「また会おね」 作詞 / 矢野顕子 )

 

 

今まで、住む場所を転々としてきました

そのたび、なんとなく口ずさむ歌。。 

 

住もうと選んだ場所、

というのもあるかもしれないけれど、

一度でも住んだ街のことは、今でも好きなまま

 

つらいことがあったって、八百屋へ行けば野菜が並んでいるし、

路地裏を歩けば、いろんな暮らしが垣間見れる

 

楽しかった思い出も、苦い思い出も、

その街に全部受け止めてもらったような、

あったかいものが残っている

 

いろんな街に住む、ということは

いろんな人に出会うことでもあって、

知り合った人は、その街の印象に重なる

 

住んだ場所、行った場所は、

いつの間にか自分の場所になる

どこにいたって、気持ちのどこかに残っている

 

まだ行ったことがない場所でも

大切に思う人がいる場所は、やっぱり大事な場所になる

 

いろんな人と知り合って、

近くも遠くも関係ない、

全部自分の大事な場所になる

 

対岸なんて、どこにもなくて

全部、こことつながっている

 

いろんなところで、いろんなことが起こって、

落ち着かなさと、安らぎとが入り混じって、

二つの気持ちを行ったり来たりする

 

そんな気持ちで、いつものように、

ごはんを作って、家族を送り出す

 

 

今日は、娘の小学校のプール開き

 

f:id:yonhonda:20180619084043j:plain

 

今朝、庭に水やりをしていると

名前も忘れてしまった花が、もう一輪咲いていました

 

 

 

スポンサーリンク