days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

悩みごとは、どこまで行ってもついてくる

 

何ヶ月か前から、一つのことを思いわずらっていて、

それがずっと引っかかる

 

しばらく一人で考えて、

どうしようもなくなって、

少しずつ、身近な人に聞いてもらう

 

みんな、それぞれの言葉で返してくれる

 

けれども、やっぱり引きずったまま

 

はずかしいけれど、

おいしいものを食べているときは忘れている

あとは、たわいのないことで笑っているとき

 

。。生き物って、そういうふうにできているのか

 

お腹がフラットになって、気持ちがフラットになると

またそれがやって来る

 

一人で知らない街へ出ると、何か見つかるかな、と期待する

 

誰も知った人がいないと、何かしら見えてくるような気もする

 

もしかしたら、ものすごく、社会とか

知らない人の目を気にしているのかもしれないな

 

けれど、どこかで、

この悩みがなくなってしまうのはさみしいと思うところが

たしかにあって、そのことにいちばん引っかかっている気がする

 

旅先の一人の夜、そんなことを思いました

 

 

 

スポンサーリンク