days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

飛行機の中でみた “ 美しい星 ”

 

帰りの飛行機の中で、

“美しい星” という映画をみました

 

全体にただよう気だるさと、

得体の知れない不安感。。

 

7月の西日本豪雨、その後の猛暑

夏の平均最高気温が26℃のポートランドも、35℃近い日が続いたこと

 

映画の中で、

天気予報士が訴える地球温暖化による不安が、現実とつながる

 

平凡な家族が、火星人、水星人、金星人として、

次々に覚醒していく。。という不思議なストーリーなのですが、

不安定で、ギリギリの場所にいる家族それぞれの感情が、

自然と入ってくる

 

いま思い出そうとしても、結末はぼんやりとしているのですが、

印象に残るシーンがいくつもある不思議な映画でした

 

劇中に出てきた “ 金星 ” という曲の、

不思議な旋律と歌詞も、すっと入り込んできて、

現実と虚構の間にいるような、ふわふわとした感覚になりました

 

美しい星は、存在するのか

美しいと思う人の中だけで、存在するものなのか。。

 

どちらでもないのか。。

 

それでも、自分の生まれた場所を、美しいと思うことは、

なによりの快感なのではないかと思う

 

そんなことを、宙ぶらりんの飛行機の中で思いました

 

 


『美しい星』本予告 絶賛公開中

 

 


平沢進 [金星](歌詞付き)

 

 

 

スポンサーリンク