days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

【 映画とファション 】・・シンプルを シックに変えた ココ シャネル

 

『 ココ・アヴァン・シャネル 』を観ました

シャネル になる前の ココシャネルのお話

 

 

孤児院での 幼少期

その後は、

生活のために 夜は酒場で歌い

昼は針子仕事 

 

生まれ育った環境を憎みながらも、

そのすべてをチャンスに

変えたような人でした

 

自分が 嫌悪感を抱くもの

 

装飾されすぎたもの

体を締め付けるもの

 

それらをすべて排除して、

自分がいいと思うものだけを

身にまとう

 

それは 強さであると同時に、

自分の弱い部分に勝つために

必要なものだったのかもな

 

誰も着ていない服を着て

堂々と立ち振る舞うのも、

人一倍 強くなりたいという気持ちの

あらわれだったのかも。。

 

 

そして、質素をシックに変えた人

 

f:id:yonhonda:20181031125505j:plain

 

シンプルで コルセットのいらない男物の服 

装飾のない カンカン帽

漁師が着ていた ボーダーシャツ・・

 

そして、黒いドレス

 

それまで

女性が身につけるものではなかったものを

堂々と着こなしていたシャネルは、

とってもかっこよかったんだろうな

と思います

 

 

それから、退屈なことも嫌いで

仕事のない日曜日が嫌いだった

 

そんな日曜日に

シャネルは亡くなったのですが、

毎週日曜日は 孤児院の面会の日で

いつも来ない父を一人で

待っていた日でもあったようです

 

そう思うと ちょっと切なくなります。。

 

 

シャネルの服を着ることは

一生ないと思いますが、

シンプルでシックな装いは

これからも ずっと憧れです^^

 

 

にほんブログ村テーマ
素敵な大人のシンプルライフ

 

スポンサーリンク