days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

だんだん欲しくなくなったものと、ときどき欲しくなってくるもの

 

雑誌をパラパラめくっていると

かわいいものが たくさんある

 

かわいいものが プロの手によって

さらに かわいくされている

 

けれども 欲しいという感情まで

湧いてこないのは

いずれ持て余しそうだなという

先のことが なんとなく

見えてくるからか。。

 

写真で見ているだけで

すっかり満足してしまう

 

絵に描けば、さらに満足する

 

 

普段の暮らしに必要なものが

すっかり揃ってしまったとき、

必要なものは

そんなにたくさんないんだなと思った

 

だから どうしても欲しいものがあるときは

できるだけ 気持ちに素直に従いたい 

 

 

 

昨日の小学校の懇談会で

役員をしている私は 進行係でした

 

20人足らずの集まりだったのですが

言葉は しどろもどろ

 

自分が 小学生だったころと

全然変わっていない

 

絵の学校に通っていたとき、

60人くらいのクラスメートの前で

自分の絵のプレゼンをする、

という おそろしい課題があって

そのときも やっぱりしどろもどろで

何も話すことができなかった

 

もう十分 大人なのに。。 

 

きっと 一対一なら

とても熱く語れるのに。。

 

しばらく落ち込んで

大勢の人の前で どうしたら

うまくしゃべれるようになるのか

一人で考えていたとき、

そんなことは 人生でそんなにないから

そのままでいい と言う人がいた

 

しゃべる代わりに 絵を描けばいい

 

そして、その人もやっぱりそういう人だった

 

 

最初の書き出し から

なんでこんなことにつながっていったのか

自分でもよくわかりませんが、

たぶん そんなことを言ってくれる人が

たまに欲しくなるのかもな

 

本を読みたくなるときも

言葉をどこかで探しているんだと思う

 

ものよりも そういう言葉が

ずっと残ってる

 

そして、うまくしゃべれないもどかしさで

絵を描いたり、ブログを書いたりしてると思う

 

 

・ ・ ・

 

 

f:id:yonhonda:20181114075635j:plain

 

先週の花は

だんだん小さくなりました

 

 

 

にほんブログ村テーマ
シンプル・ミニマルライフ

 

スポンサーリンク