days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

“ 薔薇をめぐるパリの旅 ” と、日常の中のちょっとした特別感

 

アトランさやかさん

『 薔薇をめぐるパリの旅 』を読みました

 

f:id:yonhonda:20190205115949j:plain

 

1冊まるごと、

バラにまつわる場所やお店を紹介した

パリのガイドブックで、

読んでいると

フランスの人たちは本当に

バラが好きなのだなぁと感じます

 

そのまま飾るだけでなく、

香水やキャンドルにして香りを楽しんだり

フレーバーとして味わったり

 

日々の生活の中に、

ちょっとした特別感を出してくれる

そういう存在のように感じます

 

日本でいうと、桜のような感じでしょうか

 

本の中で紹介されている

ブーランジェリーのオーナーは、

 

“ 生きていくには 本質的なもの(=パン)、

  余分なもの(=バラ)が必要で、

  どちらも欠けてはいけない ”

 

という思いがあり、

お店にはいつも焼きたてのパンの他に

必ずバラを飾っているのだそうです

 

 

本質的なものと、余分なもの

 

 

生きていくのに

本質的に必要なものは

人によってそれほど違いはなさそうだけれど、

あると、気持ちがウキウキとしてくる

バラのような特別感は、

きっと様々なんだろうなと思う

 

私にとっては、

ちょっとしたオヤツと

近所を散歩すること

ときどき花を買うこと

新しいお店に入ってみること

 

そんなところかな。。

 

 

立春を迎えて、

今日は 春のような日差しです

 

こんな日は、

散歩に行きたいところですが・・

 

風邪が落ち着くまで

もうしばらく、コタツでゴロゴロ

読書です。。^^

  

 

薔薇をめぐるパリの旅

薔薇をめぐるパリの旅

 

 

 

 

 

にほんブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)へ
主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

 

にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし

 

スポンサーリンク