days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

日記

実家の古い時計と、新しい年号

週末は、実家で一泊してきました 実家は、私が小学生のころに建って それから10年ちょっと住んだ家です 使っていた部屋は、 今は父の部屋になっているので 私の部屋はもうありませんが、 家の中には自分が使っていたものが まだちょこちょこ残っています …

髪を切ってもらうのは、気持ちいい

昨日は、街をぶらぶらした後、 娘と美容室へ行ってきました 大人用の椅子の上に 四角いサイコロみたいな やわらかそうな箱が置かれて、 その上に娘が座る 家にいるときは あまり落ち着きがないけれど、 よそでは大人しい 外食の時も、家とは違って 行儀がい…

紙とシャープペンでブログを書く・・気持ちよさは五感からくると思う

昨日、家のカフェコーナーで ぼぉーっとしながら、 気持ちがいいというのは 五感が心地いいことなのだと 今さらながら、気づく 目も鼻も口も耳も肌も 持っている感覚がちゃんと機能して、 それぞれが脳みそに伝わって 混ぜ合わさると ふわっといい気分になる…

自分がホッとする場所をつくる・・コタツからちょっとずつ脱皮するための、小さなカフェコーナー

昨日、夫のことを書いて、 ホッとできる場所って どんなところかなぁと考えてみる コタツにごろんと横になって 目をつぶって想像してみる たとえば・・ 緑がある場所 おいしいものがある場所 心地いい音や音楽が流れているところ デジタルなものが少ないとこ…

渋井直人と、私の平日

朝、片付けをしていたら キッチンの台の上に おにぎりが一つ、ころがっていて 娘のお弁当袋に入れ忘れたことに気づく お昼前に、学校へ届けに行く この学校は 今年度で閉校で、 近々 取り壊しが決まっている 私が通っていた頃の学校のように ずいぶん古いの…

夫の昇進と、妻の心中

毎日のん気な生活を送っているので なんとなくここには 書かないでいたけれど・・ このところ、 夫の仕事が忙しくなった 毎日くたびれた様子で帰ってくる 朝 8時前に出勤して、 19時過ぎに帰宅する 自宅から自転車で通える職場なので 通勤時間の苦労はな…

気持ちいい朝時間・・最近始めた エトヴォスのスキンケアと簡単ストレッチ

雨が上がって、 おだやかな朝です 玄関のヒヤシンスは、 ちょっとずつ花が開き始めました 昨日は、小学校に 学級委員が集まって、 来年度の役員決めでした 前もって出してもらっていた アンケートを集計して、 サクサクと1時間ほどで 終了 これで ようやく …

欲しいものがないって、どういうことだろう

どうしても欲しいものは 年々なくなっていく気がして、 そういうとき どうしても欲しいものがある人が とてもパワフルに見えてくる たとえば、小学生の娘には 欲しいものがたくさんある いいなぁ、と思う 欲しいものがないときって、 もうすでに満たされてい…

毎日は本当に、断片的なものでできているなと思う

おもしろそうだな、と思って 図書館で借りてきました 『 断片的なものの社会学 』 岸 政彦 社会学者として いろんな立場の人たちから 聞いた話や、感じたこと 分析しきれない出来事などが、 淡々としながらも まっすぐな言葉でつづられて、 もわもわっとした…

ぼんやりと、年の暮れに思うこと

いつものように部屋を掃除して 家にあるものでごはんを作って、 普段とあまり変わらない感じの 年越しです 今年は お正月かざりの用意もなく、 部屋の中も しんとしたままです 玄関に クリスマスのスワッグを かけたままだったので、 庭の赤いつぼみの枝をさ…

42歳、もう一度 メイクを考える

先日から、なんとなく考えている 今の自分に合う 自然なメイク。。 www.hondayon.com とくに化粧映えのする 顔ではないものの、 外へ仕事に出ていたときは うっすらと メイクをしていました 仕事をやめてからも 出かけるときは なんとなくしていましたが、 …

コタツに入って ゴロゴロしていい日と、Roccaゲーム

夫の もらってきた風邪を、 私も もらった気がする 耳の下が ときどきピリッとして なんとなく、体もだるい 朝 届いたばかりのカードゲームを 朝ごはんを食べた後のテーブルに 広げて 遊ぶ 7歳から、と書いてあるけれど 案外とむずかしくて 頭を使った 外は…

空を見て、きゅうに東京へ 行きたくなることがある

どんよりとした空 『 パリへの逃避行 』という映画を見ました (C)Improvised Films Limited 2017 もやもやとしながら 一気に最後まで 家の中は 居心地がいいし 家族と過ごす時間も好きなのだけれど、 ときどき無性に 家から 飛び出したくなるときがある たぶ…

外で見る自分の顔は、家で見る顔と違う・・自然なメイクはいいなと思う

お天気の日やあったかい日は なるべく外に出るようにしています 特別 用事がなくても、 外へ出れば いろんなものが目に入り いい気分転換になる 家で着る服と、外へ出かける時の服は違うし、 そうなると 何となく体の動きも違ってくる 外だと、家にいるとき…

ミニマリストってなんだろう と考えるとよくわからなくなったので、引っ越すことにしました

ミニマリストのカテゴリーに入って このブログを書いていたのですが、 最近 ミニマリストってなんだろう と思うことが多くなりました 持ち物を最低限に減らし、 ものに縛られない生き方をする人 だとすると たぶん、 自分が自分のことをそうだと思えば そう…

持たない暮らしをやめて、好きなものに たくさん囲まれて暮らしたいという気持ちに気づく

家に遊びに来た友だちから ミニマリストだね 、と言われて そうなのかな、と思った ものをたくさん持たない暮らしは お金も あまりかからず 手入れや管理も 少なくすむ 上を見れば きりがない あるもので ちまちま生活するのが 性に合っている 快適で、簡潔…

夜の金沢と、新しく見つけたもの

一人で 夜の街へ 不時着した円盤のような美術館 あいさつする パンダ 街の イルミネーション ひらみぱん オヨヨ書林 ひさしぶりに ライブで 生演奏を聴く ゆかいで やさしくて 涙が出る ひさしぶりの友だちに ばったり会う ライブのあと 近くの 喫茶店へ 最…

無駄なものの必要性・・amazon と ヴィレッジヴァンガード

tver で、 毎週 楽しみにしているドラマ 『下北沢ダイハード』を見ました 下北沢のイメージは・・ チクテカフェ もうなくなってしまいましたが。。 それから 古着屋さん 吉本ばななさん 本多劇場くらいなのですが ヴィレッジヴァンガードの あの独特の雰囲気…

だんだん欲しくなくなったものと、ときどき欲しくなってくるもの

雑誌をパラパラめくっていると かわいいものが たくさんある かわいいものが プロの手によって さらに かわいくされている けれども 欲しいという感情まで 湧いてこないのは いずれ持て余しそうだなという 先のことが なんとなく 見えてくるからか。。 写真…

きょうだい間格差はありますが、3人で一致していること

以前、久しぶりに 家族が そろったとき、 私と妹と弟のことを書きました www.hondayon.com 3匹の子豚に例えると、 ブーは、私 フーは、妹 ウーは、弟 藁の家ではないけれど 妹や弟の家にくらべると、 うちは質素で いちばん のん気者だと思う 独身の妹は、…

手紙のように本を読んで、手紙のようにブログを書く

若菜さんの本を読みました 街と山のあいだ 作者: 若菜晃子 出版社/メーカー: アノニマ・スタジオ 発売日: 2017/09/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (9件) を見る 若菜さんは 以前 編集者として 出版社で働かれていて 私に初めて絵の仕事を 依頼し…

今 できることってそういうことなんだ!と ステキなカバー曲を聴きながら感じたこと

YouTube で 何気なく見つけて聴きはじめた Pomplamoose というバンドのカバー曲 www.youtube.com ジャミロクワイや カーディガンズなど 昔よく聴いた曲が ポップにアレンジされて、 なつかしさの中に 新鮮さがまじった感じ。。 心地よい歌声と 楽しい演奏で…

モノを減らし、夫は仕事をやめ、私はブログをはじめました

身の回りをスッキリさせていくと、 自分にとって大事なものが ハッキリと見えてくる 生活していくことと 楽しく暮らすこと その二つは どちらも同じくらい大切なことだと思う ・ ・ 毎日 クタクタになるまで働いて 休みの日にも仕事のことを 悶々と考えてい…

小さな花を、かざる楽しみ

買い物のついでに、 ときどき200円ほどの花を買います 夏の暑い時期は、花をかざるのさえ億劫でしたが、 涼しくなって、また気長に花を楽しめる季節になりました どの花瓶に合わせようかと考えるのも、小さな楽しみ 赤いバラが好きな娘のデスクコーナーに…

雨の朝・・『 小さな幸せ46こ 』

朝起きたら、 庭の大葉のほとんどを、鶏たちに食べられていた 昨日の晩、歯を磨いていたら、奥歯がポロッと欠けた 音楽を聴いて、朝ごはんを食べる 掃除して、あたらしい本を読む 小さな穴は、埋められる 小さな幸せ46こ 作者: よしもとばなな 出版社/メーカ…

小さな庭の、鶏と私の攻防戦

秋雨つづく 鶏を小屋から出すと、 雨なんてへっちゃらで、 泥だらけになって、庭を荒らす 私が近づくと寄ってくる 何かもらえると思って、みんな寄ってくる かわいいので、じゃこをひとつまみばら撒くと、 ものすごい早さで、一目散に食べてしまう 魚のアラ…

夜の洗濯と、静かな時間

何年か前から、夜に洗濯するようになりました 晴れた日の朝の洗濯は、とても気持ちいいのですが やることがたくさんの朝は、 洗濯がないだけで、時間に余裕が出ます 以前、坂井より子さんも夜に洗濯されていると、本で読みました 暮らしをつむぐ ~より子式・…

真っ白な、朝を過ごす

よく晴れて、台風前の静けさです 新学期が始まって、みんなのいない一人の朝 じゃこと枝豆のごはん、おみそ汁 かぼちゃサラダ、きゅうりのお漬もの 食後に、コーヒー この静けさと開放感は、 目の前に、ポンと真っ白な画用紙が置かれたような感じです 去年の…

「 丁寧な暮らし」と「適当な暮らし」が、日々おりまざる

気持ちと時間に余裕があると、 ゆっくりお茶を入れて、音楽をかけたりして、 なんとなく丁寧に暮らしたくなってくる まな板の野菜をきれいに切ったり、 洗濯物をきれいに干したり、 静かな気持ちで家事をすると、 じわじわと満たされる感覚がある そんな日は…

節約と買いものは、どちらもたのしい

毎日、家計簿をつけています 月の終わりが近づいて、おおよその支出に目を通すと その月の暮らしがなんとなく見えてきます 1ヶ月が早く感じることもあれば、 ずいぶん前に買ったつもりでいたものが、案外最近だと気づいたり 支出が少ない月は、やりくりがん…

スポンサーリンク