days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

朝、パン屋でパンを買い、図書館で本を借りる

 

今日も、眩しい日差しです

 

梅雨も、小学校の衣替えも

まだだけれど、

連日気温が上がって

夏が来たみたいです

 

 

今朝は、さっと朝の片付けをすませて

街のパン屋さん COYA. へ

 

f:id:yonhonda:20190517131406j:plain

 

通りすぎてしまいそうなくらい

小さなお店です

 

お昼すぎに行くと

いつもほとんど売れてしまった後なので、

10:00のオープンを

少しすぎたくらいに行きました 

 

f:id:yonhonda:20190517131624j:plain

 

今日は いろいろ並んでいますが、

オープン前の時間にしか

来られないお客さんのために

焼けたものから順に出しているそうで、

もう売れてしまったものもあるそうです

 

お店の隣は小さな公園で、

美味しそうなパンの向こうに

ガラス越しの緑が見えます

 

反対側には、古いテーブルに

焼き菓子がいくつか

 

f:id:yonhonda:20190517131945j:plain

 

お店の中には、

ヘニング・シュミートさん

ピアノ曲が流れていました

 

前に、金沢の白鷺美術で

ライブがあったとき

店主の方も行かれていたそうなので、

その時にお会いしてたかもしれません

 

 

・ ・

 

 

パンを買った後、

図書館へ行って 

本を何冊か借りて

 

帰りに せせらぎ通りを通ると

用水がきらきら流れて、

きれいでした

 

f:id:yonhonda:20190517132814j:plain

 

この道は、夫の通勤路ですが

今はとても忙しそうなので、

それどころではないだろうなぁ。。

 

 

朝、家の片付けをしながら聴いていた

NHKラジオの高橋源一郎さんの番組で、

金子文子さんという方の本が

紹介されていました

 

若くして獄中で亡くなった文子さん

幼少から壮絶な人生を送り、

あまりの生活の苦しさから

幼い頃に、死を決意したのだそう

 

そして、死ぬ場所を求めて外へ出たとき、

目に入った風景があまりに美しくて、

きっと世界には

まだまだ美しいものがあるに違いないと

また生きることに決めたのだそうです

 

 

ギリギリのところで

気持ちを動かすのは、

特別なものではなく

そんな風に いつも身近ににある

何気ないものなのかもしれないな、と思う

 

 

・ ・ 

 

 

今日の買い物と、借りた本

 


COYA. のウィークエンドケーキと

初めて買えた(!) パンドミ

 

f:id:yonhonda:20190517140803j:plain

 

自分用に借りた本、三冊

 

f:id:yonhonda:20190517140740j:plain

 

娘用に借りた本、一冊

 

f:id:yonhonda:20190517141017j:plain

 

ピンクのメモ用紙には、

娘の字で 借りてくる本の

条件が書いてあります

 

① どうぶつがでてくる

② やさしいかんじとたのしいかんじ

③ へ、すごいて、いうかんじ

 

(一応、いま二年生ですが、まだ舌足らずです。。)

 

さて、

 

気に入ってもらえるかな〜

 

 

 

にほんブログ村テーマ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活

 

 

スポンサーリンク