days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

不思議な糸でつながった、若林哲博さんの絵と、“ ADIEU TRISTESSE ” の 前田敬子さんのこと

 

ある日

 

いつものカフェで

コーヒーを飲んでいたら、

ハーブの花束を持った男の人が

お店に現れました

 

そして、

私の目の前で、その花束を

待ち合わせしていた

二人の女の子に手渡しました

 

ちょうどそのとき、お店の中で

花を買う男の人って

あんまりいないですよね〜

なんていう話をしている最中だったので、

みんなで とてもびっくりしたのです

 

その方は、若林哲博さんという画家の方で、

今 ちょうど 個展を開いている最中なのだと

教えてくだいました

 

詳しくたずねると、

その少し前に DMを見て

ちょうど行きたいなと

思っていた方の個展でした

 

絵を見る前に、ご本人にお会いして

お話までできて、いい気持ちになりました

 

 

f:id:yonhonda:20190717073022j:plain

 

  

・ ・ 

 

 

そして。。先日

 

自転車に乗って、

野町のギャラリーへ

 

f:id:yonhonda:20190717073323j:plain 

 

f:id:yonhonda:20190717073401j:plain

 

若林さんの絵は、

幻想的で、はかない詩のような

世界でした



ご本人も ちょうど会場にいらして、

4、5人の女の方と

お話されているところでした

 

絵を見ながら、

一緒に絵のお話を聞いているうちに、

女の方のグループは 東京から来られた

デザイナーさんだと知りました

 

ブランドのお名前は、

“ ADIEU TRISTESSE ”

 

私も知っているブランドで、

若林さんと今年

コラボレーションしたことから

今回、はるばる東京から

個展を見に来られたのだそう

 

お話をするうちに、

私は その中のお一人の

デザイナーさんのことを

知っていることに気づきました

 

まだブランドを立ち上げられる前、

その方は 雑誌のインテリア特集に

出られていたのです

 

たぶん20年以上前の anan です 

 

なぜだか 私はその記事のことを

よく覚えていて、

猫と男の方も一緒に

出られていたような。。

 

きゅうに そのことを思い出して、

その話をすると、デザイナーさんは

すごくびっくりされていました

 

そりゃそうですね。。

自分でもびっくりしました

 

デザイナーさんは、

前田敬子さんという方で

“ まこという名の不思議顔の猫 ”

という本も、出された方でした

 

そして、その本を一緒に出されたのが

岡優太郎さんという、

グラフィックデザイナーのご主人でした

 

その方が、あの雑誌で

一緒に写っていらした方なのだと思う

 

お二人ともニコニコと

とても仲よさそうに写っていました

 

たぶん20代のころだったのだと思う

 

その後、ご結婚され、猫と暮らし

本を出されたようなのですが、

さらにその後、

岡さんは 若くに

亡くなられたのだと知り。。

 

一人、衝撃を受けました

 

 

その日、金沢はちょうどお盆でした

 

その帰り道、お寺の前で見た言葉

 

f:id:yonhonda:20190717073653j:plain

 

 

この全部は

一体どういう巡り合わせなのか

 

不思議なまま、ずっと引っかかっています

 

不思議で、不思議で

ならないのだけれど

 

大事な人や

身近な人が亡くなるたび、

この世とあの世の境目って

けっこう曖昧なものなのかもしれないと

思うようになりました

 

ここにいる間、

ここでできることをめいいっぱい楽しんで、

みんなにありがとうと言って

あっちへ行く

 

そしたら、またあっちでも

オギャーと元気に生まれられるかもしれない

 

それが今、

私のいちばんの目指すところです

 

 

 

www.instagram.com

 

 

www.instagram.com

 

 

  

にほんブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)へ
主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

 

 

スポンサーリンク