days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

“ 贅沢 ” とは何か、もう一度考える

 

明け方に はっきりとした夢を見て、

朝、カーテンを開けると

雪が 降っていました

 

今月は、あと2日

 

・・と思ったら

あと3日ありました

 

今年は うるう年で、

1日 得した気分です

 

とくに何をする

というわけではないけれど。。

 

 

・ ・ ・

 

 

最近、贅沢とは何か、

一人で ぼぉっと考えたりする

 

 

“ 贅沢 ”という言葉を 調べてみると・・

 

1.  必要以上の お金やものを使うこと

2.  お金や労力などを 多くかけていること

3.  その人の立場に比べて おごっていること

 

・・と出てきた

 

 

思っていたのと、ちょっと違った

 

贅沢という言葉には、

“ 度を超す ”っていうような

意味合いが入っているみたい

 

昔のお正月や

お祭りみたいなものかな。。

 

 

そう思うと、時代とともに

贅沢も変わっていくものなのだろう

 

 

もののない時代は、

ものがあることが喜びで、

贅沢なことだったろうと思う

 

母は、もののない生活は

落ち着かないと言う

 

けれど、ものの溢れる時代には

それは あまり贅沢なことに思えない

 

若い人たちが

ものにあまり執着しなくなっているのは

とても自然なことのように思う

 

子ども、親、祖父母の

三世代で比べてみると、

贅沢の基準も定義も変わっているだろう

 

真ん中の世代である自分は、

その両方の感覚が

なんとなく分かるような気がする

 

 

贅沢という言葉を

“ 憧れる理想 ”のような

意味合いに置き換えて・・

 

自分にとっての

贅沢を思い浮かべてみる

 

 

1. 人工物が少なく、

   自然があふれていること

 

2. 一つのことにたっぷりと

   時間がかけられていること

 

3 . 空間や時間に ゆとりがあること

 

 

こうして並べてみると、

不思議と 時代が

さかのぼっているものに

贅沢を感じている気がする

 

 

効率の良さは

暮らしを快適にしてくれるし

なくてはならないものだけれど、

それとは 別の時間軸を感じるものを

求めているような気がする

 

 

ないものねだりは、

いつの時代も

変わらないものなのかもしれない

 

 

・ ・ ・

 

 

私にとっての

日々のささやかな贅沢は、

部屋にかざる花と、

楽しい オヤツの時間です^^

 

 

f:id:yonhonda:20200227095601j:plain

 

 

誰かが作ってくれたものだと、

なお うれしい

 

 

・ ・ ・

 

 

今日も ささやかな

贅沢を楽しもう〜

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク