days

毎日の ごはんと オヤツと、日々のこと

朝 読んだ話と、家族の時間

 

くもり空

 

今日は 昨日より

少し 肌寒い

 

朝ごはんを食べた後、

本を読む

 

今日は、『 庭とエスキース 』

 

f:id:yonhonda:20200328124547j:plain

 

 

北海道の 森の中で、

自給自足に近い 暮らしをされていた

弁造さんという、

一人のおじいさんの話です

 

声を出して読むと、

同じ部屋にいる 娘と夫も

なんとなしに 聞いてくれる

 

 

今日 読んだ 本の中の話・・

 

 

ある夏、畑に 夜盗虫が大発生し

人の手では 追いつかないほどの勢いで、

農作物の葉が どんどん食べられていった

 

家族総出で 駆除するも

夜だけでなく 昼にも出てきて、

葉をかじる音が、畑中に 響くほどだった

 

このままでは、

作物が全滅し、冬を越せない

 

もうダメだ、と思ったとき、

奇跡が起きた

 

空の向こうから

黒い雲が やってきて、

黒い雲の形をしていたものは

ムクドリの大群だった

 

ムクドリたちは

次々と 畑に降り立ち、

ギャアギャア 騒ぎながら

ほんの 一時間ほどで

畑中の夜盗虫を

食べ尽くして、

飛び立って行った

 

弁造さんは、それ以来 ずっと

自分の食べるものとは 別に

鳥たちの食べものも

作るようになったという

 

昔話のような 不思議な話だけれど、

開拓時代には そんな出来事が

あちこちで あったのだそう

 

 

隣りで 聞いていた娘は、

静かに 絵を描いていました

 

f:id:yonhonda:20200328124752j:plain

 

 

記号のようだけれど、

お話を 絵にしたみたいです

 

遠くで 聞いていた夫に

絵を見せると、

夜盗虫は 細長い形をしているよ、

と 教えてくれた

 

 

これから、こういう時間が

ふえれば いいと思う

 

 

・ ・ ・

 

 

昨日の夜中、

玄関で ガサゴソと音がするので

何度か 目が覚めました

 

玄関にいる ミーコは、

両足とも 立たなくなりました

 

それでも ときどき

羽根と足を バタバタ動かしながら

自力で 態勢を整えようとする

 

 

f:id:yonhonda:20200328124939j:plain

 

 

鳴くことも なくなり

卵も産まなくなって、

自力で できることも

どんどん減っていくけれど、

餌を パクパク食べる姿を見ると

嬉しくなる

 

 

・ ・ ・ 

 

 

毎日、庭に

餌を探しにくるスズメ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

パン屑をまいたら

いつの間にか なくなっていました 

 

 

 

 

スポンサーリンク