days

毎日の ごはんと オヤツと、日々のこと

まったく 恋愛感情のない、結婚

 

昨日は 妹のパートナーの

Yさんと 初めて お会いして、

とても おだやかな方だなぁと思った

 

怒ったことなど

数回しかないんじゃないだろうか

 

・・という 印象

 

血の気が多い 妹と、

ちょうどいい バランス

なのかもしれないなぁ

と 思った

 

 

 

好きな人と 結婚する人が、

一致する人もいれば

そうでない人もいる

 

私の場合は、

まったく 違った

 

好きになる人は、

自分に 持っていないものと

自分と 共通するところが

うまい具合に 絡み合っていて、

そういうところに

グッと 心をつかまれていたように思う

 

 

独身時代に 一度、

好きだった人と

暮らしてみたことが

あったけれど、

すぐに うまくいかなくなった

 

生活面、経済面で

お互い なかなか すり合わず、

それが 原因で

衝突してばかりいた

 

先に 思い描いていた暮らしも

お互いに 違っていた

 

そんなことを 感じるたび、

気持ちも だんだん

離れていった

 

 

30代になると、

ちょっとずつ

自分の大切にしたいことと

なかなか 譲れないことが

なんとなく わかるように

なってくる

 

すべてを 思い通りにするのは

むずかしいけれど、

どうしても 大事にしたい

ところに 満足できれば、

そこまで 落ち込むこともない 

 

 

夫とは お見合いパーティーで

知り合ったのだけれど、

一緒にいて 気を使うこともなく

暮らし方も なんとなく

似ている 気がした

 

ときめきのようなものは

一切 なかったけれど、

それも なんだか 新鮮だった

 

好きな人といて

気持ちが 揺れ動くより、

のんびりとした

居心地のよさを 感じた

 

 

そんなこんなで、

知り合って

あっという間に 結婚して、

一緒に 暮らしてみると

いろんな 発見があった

 

自分と 共通するところもあれば、

全然 違うところもある

 

誰とだって、やっぱり

そういうものなのかも

しれないけれど・・

 

暮らしに対しての 感覚が

それほど 遠くなかったのが

よかった

 

私は むかしから

暮らしのことばかりに

関心があったので、

そこが 何より大事にしたいこと

だったんだと 思う

 

その辺が 自分にとっては

とても 大きかった

 

 

好きな人には

ちょっと 背伸びもしたくなるけれど、

一緒に 暮らす人とは

できるだけ そのままで

いられるのが いちばんだ

と 思う

 

 

夫とは

お互いに 恋愛感情を

抱くことはないけれど、

しっかり 愛着は

沸いている 気がする

 

 

女子校時代の 自分には、

想像もしなかったこと

だったかもしれないなぁ。。

 

 

・ ・ ・

 

 

ご覧いただき

どうも ありがとうございます^^

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

そんなこんなで、

来月には 結婚12周年です。。^^

 

 

 

スポンサーリンク