days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

読書会にて。日常を抜け出して、気持ちを解放する。

 

昨日、読書会に参加しました。

 

会場は石引大通りにある、“ 石引パブリック ”。

 

f:id:yonhonda:20180414081222j:plain

 

参加者は11人で、

そのうち4人の方は知り合いでした。

(金沢だと、よくあることですが。。)

 

簡単な自己紹介をした後、順番に本の感想を。。

 

f:id:yonhonda:20180414081555j:plain

 

 

愛と家事

愛と家事

 

 

母との関係、恋愛観などが

赤裸々に綴られた本だったこともあり、

参加者の方々それぞれの家庭や結婚観などへ、

自然と話が広がりました。

 

育った家庭環境や、現状での暮らし。

日々感じる葛藤や、社会との違和感。

考え方や感じ方も人それぞれで、

共通するところもあれば、違うところもある。

 

けれども国や社会、親などから

家族とはこうあるもの、結婚とは、親とは・・

といつの間にかそれらの理想形を埋め込まれ、

無意識に、それに沿おうとするところがあるんじゃないか。

 

その形にのることで、表面的、社会的には、生きやすくなるけれど、

ふと振り返った時、そこに本当の喜びはあるのかどうか。。

むしろ、生きづらくしているのではないか。

もっと自分の思うままに、自由に生きてもいいんじゃないか。

 

そんな話へと、展開していきました。

 

自分の中にある作られた常識や、空気に流される部分。

自分で決めたのか、決めざるをえなかったことなのか、

その選別だって、むずかしい。

 

けれど、暮らしながら、ある瞬間、

こみあげてくる喜びのようなもの。

それは、自分で見つけて、自分で感じるしかない。

 

人とのつながりや、

ものをつくりだす喜び、

知らなかった新しい発見。

 

ふだんの生活の中に、それらは無数に散らばっていて

その粒を感じることで、

ようやく自分と世界とが出会える気がする。

 

 

小さな家から、ちょっとだけ抜け出して、

いろんな人を知って、自分も知る。

 

そこに、読書会の楽しさを感じました。

 

 

・ ・ ・

 

 

会場近くで発見した、新しいお店。

 

f:id:yonhonda:20180414083808j:plain

 

ちょっと気になったので、 

帰りに、覗いてみました。

 

一見、なんのお店かわかりませんでしたが、

ご自身でデザインした服と、セレクトした雑貨を

販売されているそう。

 

読書会に続き、

日常からちょっと離れた空間に、ワクワク。

 

一人で街へ出てみると、刺激がいっぱいですね^^

 

 

 

 

スポンサーリンク