days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

日記

冷え込む朝と、一人で食べる朝ごはん

今朝は、ぐっと冷え込んで 7時すぎの部屋の気温は、 20℃ を切りました この温湿度計は どこまで正確なのかわかりませんが、 湿度は だいたい いつも80%前後を指しています 寒いので、暖房を 入れたいところですが とりあえずブランケットを出しました …

連休が明けた 静かな朝と、ちょこっとトレー

雨と風と曇りの 連休が明けて、 今日は 重い空から うっすら太陽が出ています 台風が通りすぎた後、 ぱったりと 季節が進んだみたいで、 家の中でも 羽織りものがないと 肌寒く感じるようになりました 朝ごはんを食べた後、 一人になった部屋で 昨日のスイー…

雨と風の朝

昨日は 眠たくて 早く布団に入ろうと 思っていましたが、 けっきょく いちばん最後になり、 今朝も いちばん最後に 起きました 夫は4時起き、 娘は6時、 私は7時です 朝ごはんの後 庭は、水びたし 庭の中を通り過ぎる 白いのは・・ 鶏のミーコです こんな…

ぼんやり気だるい、朝の時間

朝起きると ふしぶしがだるくて、 昨日のバドミントンを 思い出す たまに違うことをすると 翌日の体にしっかり 現れるのですが。。 運動のおかげで 夜は たっぷり眠れました 朝ごはんの後、 眠気覚ましにコーヒーを あったかいコーヒーが おいしい季節に な…

待ちに待った ピアノが 届く日

昨日は、カフェで ランチを食べた後、 楽器店へ行きました 9月の初めに 実家に置いてあったピアノを クリーニングに出して、 2週間ほどで きれいになったものが 家に届く予定でした www.hondayon.com クリーニングに出して、一週間後に ピアノの工房から連…

金曜日の夜のコンビニと、“ 吟撰きなこ黒みつ ” と ジミーちゃん

昨日の夜は、 カツカレーを食べて お腹がふくれたのに、 後片付けをした後 どうも口さびしくなって、 夜のコンビニへ 夫と娘と歩いていく 9時より少し前だったけれど、 野球部の高校生たちは 自転車で帰るところ がっちりとした 体をしていたけれど、 夜ご…

絶望と希望を 行ったり来たりする

Tver で、“ カフカの東京絶望日記 ” という ドラマを見ていたら、 カフカが あまりに いろんなことに絶望するので、 (けれど、真面目で どこか憎めない) どんな人だったのか気になって、 図書館で 本を借りてきました 『 希望名人ゲーテと 絶望名人カフカ…

連休明けのひとり時間と、ちょっとずつ考えるこれからのこと

連休中、それぞれの実家へ 顔を出しました まだまだやってもらうことの方が多いけれど、 両親の言動から ちょっとずつ不自由が 増えていってるのがよくわかる 両親が どこまでやって欲しいのか 自分たちが どこまでできるのか、 そういうのを 最近よく考える…

林真理子さんの『 女はいつも四十雀 』 を読んで、40代 の 今 思うこと

雑誌 “ STORY ” に 連載されていた、 林真理子さんのエッセイ 『 女はいつも四十雀 』 を読みました STORY は、 “ 新しい40代 のための ファッション & ライフスタイル誌 ” だそうですが、 自分とは違いすぎて 今まで、ちゃんと読んだことは なかったよう…

省エネモードの夏と、ぜいたくな時間。。

朝、鶏の声で目が覚める 外を見ると、スーツ姿の夫が 鶏の柵を出しているところ 台所は コーヒーのにおいがして、 夫の一日は いつも通りに 始まっていました 娘の夏休みが始まってから、 なんとなく 自分も 夏休みみたいな気持ちになって、 すっかり省エネ…

東町デパートメントで、髪を切ってもらって感じたこと

実家へ帰省中に、 気になっていた美容室で 髪を切ってもらいました 若い人がどんどん 都会へと出て行く中、 地元でお店を開くのは どういう思いがあってなのかなぁと・・ 髪を切ってもらいながら いろんな お話をしました 一度 地元を離れることで 感じた地…

適度な 耳のそうじと、耳のイタイ話。。

一週間ほど前から、 左耳の奥が ポコポコするのが ちょっと気になっていました 左耳を下にして寝たときだけ 音がするので、 水でも入ったのかなぁと しばらく そのままにしていました けれども、一週間経っても なかなか おさまりません。。 寝るときに けっ…

実家にて、子どもと過ごす夏休み

北陸は 梅雨が明けたようで、 ジリジリとお日さまが照っています 昨日から、娘と実家です 荷物は、和室の一角にまとめて オヤツは、 姪っ子が作ってくれた ミルクプリンに、 近所の女の子がくれた ブラックベリーをのせて おばあちゃんが 作ってくれたような…

母娘の3泊4日の荷づくりと、夫のときどき一人暮らし

朝から日差しが眩しく、 梅雨が明けたようなお天気です 今日から、娘と二人で実家へ帰省です 3泊4日分の荷物は、 それぞれカゴの中へ 私の着替えと洗面道具 それから、娘の着替えなど カゴは、普段 収納に 使っているものです www.hondayon.com 実家へ 車…

雨の朝、いろんな言葉を拾い集めて、ゆっくりと反すうする

最近 出会った言葉 いろんなお店に10軒行くより、いいお店に10回通う (若いカフェの店主) 日本中、どこへ行っても、きっとなんとかなる (バックパックで世界一周してきた20代の女の子) 40過ぎたら、なんだってやってみるといいんだよ (40代の…

街で、たくさんの元気をもらう

昨日は ひさしぶりに会った 幼稚園のママたちと、 いろんな話をしました なにごとも 深く、鋭く考察する人たちで、 私は、へぇーとか ほーとか言うばかり。。 なんだか 大学生の中に、 一人 小学生がまじっちゃった みたいだったのですが、 そんなのも おも…

不思議な糸でつながった、若林哲博さんの絵と、“ ADIEU TRISTESSE ” の 前田敬子さんのこと

ある日 いつものカフェで コーヒーを飲んでいたら、 ハーブの花束を持った男の人が お店に現れました そして、 私の目の前で、その花束を 待ち合わせしていた 二人の女の子に手渡しました ちょうどそのとき、お店の中で 花を買う男の人って あんまりいないで…

たまには、木の上で のんびり過ごす

木の上で 暮らしていたサルが、 ある日、木から下りて 地上に 暮らすようになった それが、後にヒトとなった ・・という説が、有力なのだと 先日 ラジオで聴きました 安心できる場所に ずっと とどまっているより、 新しい別の世界を見てみたいという 好奇心…

小さなハッピーは、いつも いろんなところに漂っている

朝、シャワーをして 今日 一日の過ごし方を考える やりたいこと、行きたい場所は たくさんあるけれど、 その中から 今日しかできないことを 思い浮かべる 昨日、お義母さんの 庭からもらった花を 玄関に 別々に 飾ろうと思ったけれど ときには こんな大胆な…

ブログを書くときに、いつも ちょっと思い出すこと

週末に ちょっと はしゃぎすぎて、 ぼんやりの朝です やっぱり 寝不足は、ツライ! いつも ブログを書くときに、 ちょっと 思い出すことがあり・・ むかし、好きな人に ブログに いろいろ書くのって どうなの? と 言われたことがあって、 え? と 聞き返す…

穏やかな白い朝と、まだ知らない夜の街

昨日は、 一人で 映画を 観に行きました 街の小さな映画館は 一人の人が多く、 仕事帰りの人、 いつも来られている風な 常連さん、 それから 私みたいに 家事を終わらせて 飛んできた人も、いたかもしれない 街中にあった映画館は どんどんなくなって、 この…

週末のために、金曜日にやっておく いろいろ

今日は、雨雲のおかげで 気温があまり上がらず、 家事も はかどります 週末は、食べたいものを食べて 好きなことをして過ごしたいので、 金曜日は そのための ちょっとした下準備です いつもの家事のほか 棚の上やカゴの中など、 気になっているところを さ…

ひとり金沢散歩・・街と人と風景と、私がブログを書く理由

昨日、歯医者さんのあと 時間に余裕があったので 一人で街を ぶらぶら歩きました 街中を歩くときは、 なるべく裏通りの細い道を行くと、 何気ないところに ちょっとうれしい出会いが あったりします 大通りを、ちょっこっと 入ったところにある 小さな お料…

夏至のあとと、実写版 “ アラジン ” を 観たあとに思うこと

ゆっくりの朝 庭を掃除して、枯葉を摘む 今日も、梅雨の どんよりとしたお天気です 夏至が 過ぎたということは、 冬至に 向かってゆっくりと 夜が 長くなること 体内時計の夜も、 ゆっくり長くなる ・ ・ ディズニーアニメの “ アラジン ” を 映画館で 初め…

空想の朝ごはんと、小さな子どものいるパン屋さん

久しぶりの 雨の朝 空っぽだったタンクに 雨水がたまる 休日の朝は のんびり 夫が 朝食をつくる 今日の 朝ごはんは、 カンパーニュと 野菜スープ コーヒーです 朝からパンを食べるのは お休みの日だけで、 それもあってか なんとなく 遠くの国にいる気分に …

ふくらんでいく 好奇心と、SKLO のガラス瓶

近ごろ 好奇心が むくむくと膨らんで 毎日のように あっちへ行って こっちへ行って また そこで むくむく 膨らむという。。 なかなか 体が 追いつかない感じです そこに、 とどまっていられないような感覚は、 梅雨どきの 雑草みたいなものか。。 生活を見直…

朝のルーティーンで、今日の穏やか度を測る

曇り空 いつもの朝のルーティーン 顔を洗って、軽くお化粧して 体重を測って、着替えをして 玄関と庭の掃除をした後、 ゆっくり白湯を飲む およそ30分ほどの日課ですが、 これらを穏やかにこなせたら その日は なんとなく いい日になる気がする それらが、…

梅雨の日の 切ないアイロンがけと、ブルーの玄関

朝から、クラムボンを一人で聴く ウィンドウショッピングをしながら、 手に入らないものがあるのも それはそれでいいものだ と長閑に思っていたけれど 昔よく聴いていた 歌を聴くと、 ぐぅーっと記憶が呼び戻されて 切ない気持ちがこみ上げる 雨の日や曇りの…

雨の日に思い出すことと、6月の小さな模様がえ

しっとりとした朝です 夏のような暑さが続いて 庭にとっても恵みの雨ですが、 暑いのと乾燥に弱い私にも 今日の雨は、恵みです 以前、雨の日のお散歩が大好きという 年配のご婦人がいらした あざやかな色の服に 元気いっぱいの表情で、 雨の日は、街中の埃が…

ゆらゆら揺れることも大事だと、青年に教わる

昨日、カフェで 若い店主さんと いろんなお話をして、 その中のいくつかが 一晩寝ても、やっぱり心に残っています 生まれ育った場所でなく、 知り合いもほとんどいない その場所にお店を開こうと思ったのは、 その場所を見て、 自分のお店にぴったりだと 感…

スポンサーリンク