days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

『 ルチアさん 』

 

娘と一緒に読もうと図書館で借りてきた本。

 

f:id:yonhonda:20180106170849j:plain

 

たそがれ屋敷に住む姉妹、スゥとルゥルゥ。

そこへやってきたお手伝いのルチアさん。

ルチアさんはどこにでもいそうな太ったおばさんなのだけど、

なんだかちょっと違う。

姉妹がレースの宝物箱に入れて、大切にしている水色の光る石。

ルチアさんは、その石そっくりに、水色に光っている。

それがなんなのか知りたくてしょうがない姉妹。

そして、そんな姉妹と出会って、

母について考え出したルチアさんの娘ボビー。。

 

それから何年も経ち、そのころを回想しながら語るボビーの手紙が印象的でした。

 

容易に答えの見つからない問いを、ぐるぐる考えて過ごした時間の

なんと多かったことでしょう。心の満たされた働き者の母には、

とんと縁のないことだったろうと思います。(中略)

でも、そんなあれこれについて思いをめぐらせながら過ごすことの方が

私には向いていたのだと思います。だって、そうしているときの自分が

いちばん自分らしく思えたのですから。

 

 

f:id:yonhonda:20180106174858j:plain

 

 

娘に読み聞かせているうちに、その先がどんどん知りたくなって

一人で一気に読んでしまいました。

 

160ページくらいの物語なのですが、子ども時代から老年期までを、

登場人物たちと一緒に過ごしたような不思議な感覚。

 

出久根育さんの挿絵が、その世界をさらに温めていて、

なんども読み返したい本です。

 

スポンサーリンク