days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

本をめくって、ふと立ち止まりたくなる言葉を見つける

 

水着姿で体操する

おばあちゃまたちが

楽しげでいいなぁ〜と、

図書館で借りてきた本

 

f:id:yonhonda:20190416082601j:plain

 

デンマークの幸せな時間

“ HYGGE ”

 

サブタイトルは、

 

“ バツ2アラフィフ

  こじらせキャリアウーマンの

  人生物語 ”  。。。^^

 

著者は、イギリス人 

 

 

ざっと目次に目を通しただけで

まだ内容は読んでいないのですが、

最初のページに、

ウィリアム・H・デイヴィスという

イギリスの詩人の詩がのっていました

 

こんな詩です 

 

 

『 豊かな時間 』

 

 

人生に何の意味があるのだろう。

 

いつも心配ごとに忙しく、

立ちどまって見つめる時間が

ないとしたら。

 

大きな木の下に立ち、

羊や牛のように

のんびりと景色を眺める時間が

ないとしたら。

 

森を通り抜けるとき、

リスが木の実を

草陰に隠すのを見守る時間が

ないとしたら。

 

白昼の夜空さながら、

川面に満ちる

星のきらめきに気づく時間が

ないとしたら。

 

美しい人の視線にふり返り、

軽々と踊る

その足さばきに見入る時間が

ないとしたら。

 

その人の瞳から口元へ、微笑みが

広がって行くのを待つ時間が

ないとしたら。

 

 

何と貧しい人生だろう。

いつも心配ごとに忙しく、

立ちどまって見つめる時間が

ないとしたら。

 

 

 

 

何でしょうか。。

 

ズーンときました

 

読みながら、真っ先に浮かんだのは

娘の顔。。

 

今 忙しいから 後にしてーと、

娘に言うことが よくあるのです

 

いったい、何に忙しいんだか。。

 

 

・ ・ 

 

 

ウィリアム・H・デイヴィスという人を

知らずにいたので、調べてみると

20世紀初頭のウェールズ出身の

放浪詩人で、

日雇い労働をしながら

イギリスやアメリカ各地で過ごし、

列車事故で片足を失くしてから

詩作を始め、

自費出版した作品が

バーナード・ショーの目にとまり、

世に知られるようになったという。。

 

何とも壮絶で、

波乱の人生です

 

そこから生まれた詩

と思うと、さらにしみます。。

   

 

 

HYGGE ~バツ2アラフィフこじらせキャリアウーマンの人生再生物語~

HYGGE ~バツ2アラフィフこじらせキャリアウーマンの人生再生物語~

  • 作者: シャーロット・エイブラハムズ,鈴木素子
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2018/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

にほんブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)へ
主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

 

 

スポンサーリンク