days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

暮らしていけるだけのお金と、ちょっとだけ欲しい余裕

 

お金は 暮らしていけるだけあればいい、

という ご家族の話を読む

 

ご夫婦で

カフェとランチのお店をされていて、

オープン時間が短めなのは、

子どもたちとの時間を

大切にするため

 

働く時間を減らすと

収入は減るけれど、

それで暮らせるなら

それでいい

 

ご夫婦で、そう考えて

今のお店のやり方に決めたのだそう

 

 

www.kurasukoto.com

 

 

たしかに、

お金の余裕はなくても

時間と体力の余裕があれば

できることは、いくつもある

 

私なら、散歩、ウインドウショッピング

お菓子づくり、絵を描くこと

子どもとたくさん話すこと 

 

どれも子どものころの遊びの

延長のようなものだけれど、

自分が たっぷりお金を

持っていなかったからこそ

見つけた楽しみとも言える

 

ごはんを作るのも

時間と体力に余裕があれば、

楽しい仕事になる

 

お金がないときのほうが、

工夫も生まれる

 

 

そんな良さとは別に、

お財布にもちょっとの余裕が

欲しい気持ちもある

 

生きていくのに直接必要でないものを

自分で作るのではなく、

誰かから買う 

 

好きなお店で、欲しいものを買う

好きな場所で、お金を使って楽しむ

 

そうすると、

自分もお店もよろこぶ

 

誰かに贈るプレゼントを買ったら、

その誰かも よろんでくれるかもしれない

 

人の手が増えることで

生まれる 豊かさもある

 

自分の住む街に、

自分の好きな店があることは

大きな財産だと思う

 

 

人生に必要なのものは、

勇気と想像力

それと、ほんの少しのお金だ 

 

と、チャップリンは言ったけれど

そのほんの少しの加減が、

本当のところ

なかなかむずかしい

 

樹木希林さんも、

ちょっとのお金が必ずいるのよぉ〜

と よくおっしゃっていけれど、

 

その加減がわからなくなっては

ふとしたときに、よくつまずく

 

世の中の相場みたいに、

状況やらなんやらで

自分の中での相場も

ころころと変わる

 

そんなことを思いつつ、

お小遣いが転がり込むと

何に使おうか、嬉々とする

 

そんなときに

自分のよろこぶ顔だけでなく、

ほかの誰かのよろこぶ顔が浮かべば

なお うれしい

 

 

 ・ ・ ・ 

 

 

今日も、雨降りの朝です

 

朝ごはんの後、

一生懸命 ぬりえをする娘

 

f:id:yonhonda:20190608100416j:plain


娘にいただいた ぬりえですが、

とっても可愛くて、

私にもうれしい

プレゼントになりました^^

 

 

 

にほんブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)へ
主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

 

 

スポンサーリンク