days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

帰省してわかったこと。。実家は、やっぱり自分を作った場所だった。

 

法事のため、3日間、実家へ帰っていました。

 

途中、出たり入ったりがありますが、

20代の中ごろまで住んだ家。

いたるところに、いろんな思い出があります。

 

むかし好きだった音楽を聴いて、

そのころのことを思い出すように

場所も、過去の記憶を呼び覚ます。

 

そこに、両親、きょうだい、親戚の顔がそろえばなおさらで

楽しいものもあれば、思い出したくないものもある。

 

 

母は、仕事をしていたため、

私はずっと祖母に育てられた。

 

そのためか、母より祖母と気が合った。

祖母が亡くなったときは、大きな喪失感があった。

 

母はずっと自由な人だった。

好きなものを好きなだけ食べ、

いつも、自分のやりたいこと優先。

欲しいものはバンバン買う。

 

その姿が、私にはあまりよく映らなかった。

こんな人にはなるまい、と思っていた。

すべてが自分と違って見えた。

 

初めて家を出たとき、

今までできなかったことを思う存分、楽しんだ。

母とはなれて、自分の暮らしを見つけた。

それまでの暮らしとは、何もかも違って

自分で自分のことを決められることに

喜びを感じた。 

 

 

実家から自分の家に帰ってくると、心の底からホッとする。

実家での苦い思い出も、今の自分につながっていると思える。

 

実家はやはり、母の場所だった。

今は、ここが私の場所だと思う。

 

 

妹に言わせると、

私と母はよく似ているらしい。

 

本当のところで、

私もそう思っている。

 

 

・ ・

 

 

実家から、もらってきたお花。

 

f:id:yonhonda:20180408080021j:plain

 

どこにかざって、楽しもうかなぁ。

 

 

スポンサーリンク