days

シンプルに 衣・食・住 を たのしむ暮らし

帰るのが、うれしくなる旅

 

夜の散歩道、

もうすぐ日本に帰れるね、とうれしそうに言う娘

 

3週間の滞在はちょっと長かったかな

 

軽くなったお財布と、丸くなった顔、

こまごまと買ったもの

 

空っぽのリュックサックに、ちょっとずつ荷物を詰める

 

帰国の日、台風の影響で成田で足止めになるかもしれない、と

夫から連絡が来る

 

台風に、猛暑

そのほかにもなかなかカコクな国だけれど、

帰れるね、と言う娘に、やっぱり、そうだね、と思う

 

日本にいれば、またどこか知らない国へ行きたいと思うのだけれど、

家に帰ればホッとして、力が抜ける

 

その感覚は、小さいころ母親に感じた気持ちと同じなのかな

 

来るとき、妹のお土産でいっぱいだったリュックサックは、

帰りもいろんなものでぎゅうぎゅうです

 

リュックサックみたいに、気持ちのすきまもいつだって、

別の何かに埋められる

 

3週間の出来事で、

私の話はなかなか終わらず、

途中から上の空で話を聞く夫の顔が目に浮かぶ

 

 

 

スポンサーリンク