days

毎日の ごはんと オヤツと、日々のこと

見たい 世界を、見たいように 見る

 

7時起床

 

アメリカ時間の

1月6日

 

庭は 雨と雪で

水びたし

 

f:id:yonhonda:20210108080032j:plain

 

 

いつもの 朝ごはん

 

f:id:yonhonda:20210108075833j:plain

 

ソイラテ

豆乳ヨーグルト

 

 

・ ・ ・

 

 

今週の宅配

 

f:id:yonhonda:20210108080138j:plain

 

 

今日の買い物

 

f:id:yonhonda:20210108080219j:plain

 

 

・ ・ ・ 

 

 

お昼ごはん

 

f:id:yonhonda:20210108080253j:plain

 

梅ゴマじゃこごはん

おみそ汁

焼き海苔

白菜とツナの蒸し煮

 

 

・ ・ ・ 

 

 

午後のオヤツ

 

f:id:yonhonda:20210108080438j:plain

 

アールグレイと、

りんごとナッツのマフィン

 

 

風雪の中、娘が

集団下校で 帰ってくる

 

寒さで 震えていたけれど、

なんだか 興奮していた

 

 

・ ・ ・ 

 

 

夕ごはん

 

f:id:yonhonda:20210108080641j:plain

 

五分づきごはん

炒めもの(ネギ、卵、じゃこ)

おみそ汁(白菜、あげ)

ひじきの煮物(人参、あげ)

甘辛煮(大根、牛肉、こんにゃく)

 

 

 

・ ・ ・ 

 

 

 

今日、拾い読みした言葉

 

 

 同じ本を 二人の人間が

 読むとすると、

 そこで 読まれるものは、

 決して 同じではないと思います

 

 それぞれが、本の中に

 自分をつれこむからです

 

 自分の連想、自分の思考、

 自分の経験、自分の感受性、

 それらすべてを 投入して読む

 

 だから 本はいつも、

 ある意味では 読者を映す鏡です 

 

 

 『 エンデと語る 』   ミハイル エンデ

 

 

 

  

エンデの言葉を読んで、

本だけでなく、

映画、風景、人、出来事など

目に入る すべてのものに

それは 当てはまっているような

気がする

 

印象に 残るもの

ずっと 後まで消えないもの

 

そういうのも、

きっと その人だけのもので

 

人は 見たいように見るし、

見たいものだけ 見ている

とも思う 

 

とても 自分勝手な

ようだけれど、

そうやって

自分で 世界を

作っていくのかもしれない

  

なんだか よくわからない

世界に 生きているなぁと

小さなころから

ずっと 思っていたけれど、

その世界を作っているのは

自分だったんだなぁと、

最近 よく思う

 

 

これから いろんなことが

起こるだろうけれど・・

 

歪んでいたものが

調和されるための、

大きな 過渡期に

なるんだろうと思う 

 

 

・ ・ ・

 

 

庭のスズメたちは

今日も 元気です

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

ご覧いただき

どうも ありがとうございます^^

 

上のバナーをクリックして

応援していただけると、

とても うれしいです

 

 

 

 

スポンサーリンク